未分類

【子供の抜け毛】季節によって1日に抜ける毛が2倍以上に?!

抜け毛は大人だけの悩みではありません。最近は、子供の抜け毛や薄毛に悩むママが増えています。

抜け毛には、自然に抜け落ちるものと、生活習慣やストレスが原因のものがあります。ここでは、意外と知られていない季節による抜け毛についてまとめてみました。

自然に抜ける子供の抜け毛

髪の毛のイラスト
日本人の髪の毛は10万本。個人差はありますが、1日に50本~100本が自然に抜け落ちているといわれています。

シャンプーやブラッシングのときに、ごっそり抜けると心配になりますが、100本ほどは自然に抜け落ちるもので、特に心配はありません。

赤ちゃんの場合は寝ている時間も多く、髪の毛が擦れて抜け毛が増えることも。日常生活の中で、多い抜け毛を見ると心配になりますが、毛束で抜けるようなことがなければ問題はありません。

抜け毛が多い季節には通常の2倍以上に!

帽子とサングラスを着用した女の子

子供は、夏の終わりから秋にかけてがもっとも抜け毛が増えることがあります。夏は紫外線が強く、髪の毛に大きなダメージを与えます。大人もそうですが、紫外線でダメージを受けた髪が抜け落ちることで、一時的に抜け毛が増えたと感じます。

通常の抜け毛1日は50本~100本ですが、この時期には200本近く抜け落ちることもあります。抜け毛には個人差があるので、中には300本近く抜ける子供も。反対にもともとの抜け毛が少ない子供もいるので、一時的に増えた抜け毛に関しては特に神経質になることはないでしょう。

子供は大人よりも新陳代謝が活発なのですぐに再生しますが、紫外線のダメージを防ぐためにも、夏は帽子で帽子をかぶるなどの対策を取ると良いでしょう。

生活習慣やストレスが原因の抜け毛は病院へ

ストレスで髪を触る男の子

自然に抜ける抜け毛ではなく、何かしらの原因で抜け毛がある場合には、一度診察を受けると安心です。

例えば、自分で髪の毛を引き抜いてしまう「抜毛癖(ばつもうへき)」は、その多くがストレスが原因だとされています。子供自身、原因が分からずに行っていることが多いので、家族のサポートが必要です。

生活環境が変わった、妹や弟ができた、もっと甘えたいなど、子供のストレスの原因に気付いてあげることが大切です。場合によってはカウンセリングが必要なことも。まずは専門医に診てもらうと安心ですね。

また、夜型の生活や偏った食生活も抜け毛の原因に挙げられます。朝型の生活、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠を心掛け、乱れた生活を正してあげることも大切です。