未分類

【ノンシリコンシャンプー】きしむのはナゼ?解決方法はあるの?

CMの影響もあり、最近は「ノンシリコンシャンプーが髪に良い」と思っている人が多く見られます。まるで、シリコンは悪者というイメージ。実は、シリコンは人体に限りなく無害で、髪を保護する役割もあるんですよ。

とはいえ、ノンシリコンシャンプーの人気は年々上昇中。ただ、ノンシリコンシャンプーを使用して多くの人が戸惑うのが「髪のキシミ」だと思います。

シャンプーにはいろいろな噂が飛び交っていますが、ここでは、ノンシリコンシャンプーのきしみについて詳しく解説します。

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむのはなぜ?

指通りが悪くきしんだ髪の女性

最近では、ドラッグストアに並んでいる人気のシャンプーのほとんどがノンシリコンですよね。「ノンシリコンシャンプーは髪に良い」と認識され、すっかりシリコンは悪者のイメージが定着してしまいました。

ただ、ノンシリコンシャンプーを使った口コミで多いのが「髪がきしむ」というもの。ノンシリコンシャンプーの中には、きしまないと謳っているものもありますが、きしみの程度の強弱はあるものの、そのほとんどにきしみが出ます

きしみだけでなく、パサつきが出るのもノンシリコンシャンプーのデメリット。良い風に考えれば、自然でナチュラルといえますが、やはり、指通りの良いしっとりとした仕上がりにしたいと思われる人が多いようです。

しかし、ここでハッキリ言えるのは、ノンシリコンシャンプーを使うことでごまかしが効かなくなり、あなたの髪がパサパサだったことが明らかになった!ということです。

シリコンは、髪の毛1本1本をコーティングし、外的刺激から髪や頭皮を守る役割があります。髪にツヤを与え、指通りを良くしてくれるのがシリコンだったのです。そのシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーを使うと、髪がスッピン状態となり、きしみやパサつきが出て指通りが悪くなるというわけです。

シリコンの役目を考えると、悪いとこはなさそうですが、シリコンには髪の外側をコーティングする作用はありますが、内部をケアする作用はありません。

つまり、トリートメントやコンディショナーを使用しても、シリコンが邪魔をして内部に浸透させません。ヘアカラーやパーマの妨げにもなってしまいます。また、シリコンは、しっかり洗い流されていなければ毛穴を塞ぎ、頭皮環境やヘアサイクルを乱す原因にもなります。

ノンシリコンシャンプーのきしみを解決する方法

ノンシリコンシャンプーを使いたいけど、きしむのは嫌!という人必見!ここでは、ノンシリコンシャンプーのキシミを解決する3つの方法をご紹介します。

洗浄成分を見直す

シャンプーは洗浄成分で質が決まるといっても過言ではありません。市販の安価なシャンプーの場合、原価を抑えるためにコストが低い「高級アルコール系洗浄成分」が使用されているものがほとんどです。

これは、洗浄力が非常に強く、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。「~硫酸」と記載されているものは高級アルコール系。

ノンシリコンシャンプーでのきしみを解決するためには、頭皮や髪にやさしい「アミノ酸系洗浄成分」を選びましょう

強い洗浄力+ノンシリコンの組み合わせは、髪がきしんだりパサつくだけでなく、頭皮に掛かる負担も大きいので、高級アルコール系は避けてください。

トリートメント・コンディショナーを使う

ノンシリコンシャンプーのきしみは、トリートメントやコンディショナーを使うことで解消されます。

トリートメントやコンディショナーを使うことで、ドライヤーの熱や乾燥から保護することができます。髪をコーティングして保護するシリコンが入っていないシャンプーを使うので、トリートメントやコンディショナーは100%使用するようにしましょう。

ただ、ノンシリコンシャンプーセットになっているものの場合、シリコン入りであることも珍しくありません。仕上がりのバランスを考えてのことですが、きしみがひどい場合は、シリコン入りのトリートメントやコンディショナーを使って様子を見るのも一つの方法です。

どうしてもノンシリコンにこだわりたい人は、天然由来成分でつくられた洗い流さないトリートメントがおすすめです。

ヘアオイルを使う

ヘアオイルは、洗い流さないトリートメント同様、髪にツヤやうるおいを与えるので、きしみやパサつきを軽減することができます。オイルで髪をコーティングするので、ドライヤーの熱や紫外線などから髪を守ってくれます。

商品によっては、補修効果が期待できるものも。オイルの保湿効果で水分量を一定に保つこともできるので、くせ毛で髪のまとまりが悪い、膨らんでスタイリングがしにくいという人にもおすすめです。