未分類

【春夏秋冬のヘアケア】季節に合わせた正しいお手入れ方法

日本には四季があり、頭皮や髪も季節に合わせて状態が変化します。健やかな頭皮や髪をキープするためには、季節ごとに頭皮や髪の状態をチェックし、それに合わせた正しいヘアケアをすることが大切です。

春のヘアケア

桜と髪がキレイな女性

春は寒い冬と違って、過ごしやすい気温と湿度でウキウキする季節。桜が満開になる頃には、出掛ける機会が増える人も多いと思いますが、花粉や環境の変化で頭皮や髪の悩みが増える時期でもあります。

頭皮を清潔に!

シャンプーをしている女性

春は皮脂や汗の分泌が活発になり、抜け毛が増える時期。頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まると、ベタつきが気になるようになります。

また、花粉は頭皮や髪にも付着するので、その影響で頭皮にかゆみを感じる人も増えてきます。特に花粉症やアレルギーがある場合は、家に入るときに頭皮や髪の花粉も払うようにしましょう。

さらに、1日の終わりには、その日の汚れをしっかりとシャンプーで洗い流すことが大切です。ベタつきが気になる人には、クレンジングシャンプーがおすすめです。ただ、頭皮に必要な皮脂まで洗い流す高級アルコール系シャンプーは避けましょう。

紫外線対策を忘れずに!

紫外線

春の紫外線は意外に強く、5月から急激に増え始めます。頭皮や髪は紫外線の影響を受けやすく、乾燥・パサつき・切れ毛などのトラブルを招きます。

最近は肌のUVケアは常識となっていますが、頭皮や髪のUVケアも忘れずに行いましょう。日傘や帽子はもちろん、紫外線対策のヘアスプレーなどもおすすめです。

夏のヘアケア

ひまわりを髪飾りにした女性

猛暑が続く夏。最近は35℃以上も普通になってきました。夏は四季の中で、汗や皮脂の分泌が一番多い時期なので臭いも気になる季節。皮脂汚れや雑菌を溜め込まないように、清潔を心掛けることが大切です。

過剰なシャンプーには注意!

シャワーヘッド
夏は頭皮の皮脂分泌が増え、汗もかくので臭いが気になる季節です。臭い対策にはスカルプシャンプーやクレンジングシャンプーがおすすめです。

ただ、スッキリしたいからと過剰にシャンプーをするのはNG!頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、さらに皮脂が分泌される原因となってしまいます。シャンプーをする前に、38~40℃のお湯でしっかり予洗いをすると70~80%の汚れは落ちますよ。

また、爽快感が欲しい人はメントール配合のシャンプーを使うのも良いでしょう。最近は、頭皮や髪にやさしい女性用のクールシャンプーも増えています。

自然乾燥はNG!

ドライヤー
夏のドライヤーは暑くて苦手という人も多いと思いますが、濡れた髪はキューティクルが開いたままなので、髪がダメージを受けやすい状態です。また、雑菌も増えて、臭いの原因にもなってしまいます。

シャンプーの後は、できるだけ早く乾かすように心掛けましょう。温風と冷風を切り替えながら乾かすのがおすすめです。

秋のヘアケア

紅葉をバックに笑顔の女性
猛暑が終わり、一年の中でも過ごしやすい秋ですが、夏の疲れが頭皮や髪にもあらわれる季節です。実は、秋はもっとも抜け毛が増える時期でもあります。時期的なことではありますが、正しいケアをしておけば心配はいりません。

特に「抜け毛」を心配する必要はなし!

抜け毛に悩む女性イラスト
秋は他の季節と比較すると、抜け毛が1.5倍~2倍になるといわれています。これは自然に誰にでも起こることで、1ヶ月前後で治まるので、特に心配することはありません。

ただ、秋は夏に受けたダメージを引きずっているため、頭皮や髪にやさしい無添加やアミノ酸シャンプーなどがおすすめです。マッサージをするように洗うと頭皮の血行が促進され、頭皮環境が整えられます。

夏の疲れを感じたらヘッドスパがおすすめ!

ヘッドスパを受けている女性
猛暑に浴びた紫外線や大量の皮脂・汗などで、頭皮は想像以上にダメージを受けています。夏は毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすいので、秋になったらヘッドスパでスッキリと頭皮環境を整えてあげましょう。

頭皮は肌の3倍以上のダメージを受けるともいわれているので、栄養をしっかり摂り、十分な睡眠を心掛けることも大切です。

冬のヘアケア

雪の中に佇む女性

寒い冬は、一年の中でもっとも乾燥が気になる季節。髪がパサパサになったり、静電気が発生したり、頭皮の乾燥も気になりますよね。冬のヘアケアは「保湿」がポイントですが、代謝を上げてターンオーバーを促進することも大切です。

頭皮の乾燥・フケ・かゆみ対策を!

頭皮マッサージをしている女性
冬は「乾燥」が気になる時期。肌の乾燥は目に見えて分かりますが、頭皮も想像以上に乾燥しています。頭皮が乾燥すると、フケ・かゆみなどの症状があらわれることも。

冬は寒さで血行不良になりやすいので、頭皮マッサージを日常的に行いましょう。指の腹で頭皮をマッサージすることで血流が良くなりますよ。また、冬は代謝が悪くなりがちなので、バランスの良い食事や適度な運動など、規則正しいリズムで生活することを心掛けましょう。

静電気で広がる髪を抑えるには?

静電気で広がっている髪の女の子
乾燥すると髪がパサパサになり、広がってしまいますよね。髪の水分が失われると静電気が起こりやすくなるため、保湿効果の高いシャンプーや保水効果のあるトリートメントなどを取り入れましょう。静電気防止のヘアスプレーもおすすめです。